2015年07月01日

詐欺師の所得税

今日は座学研修8時間!という
なかなかハードな一日でした。

今日の講義の中でちょっとへーっと思ったことです。

日本の所得税は現在「包括的所得概念」を採用しているそうで
この概念には犯罪による所得も含まれるのだそうです。
よって、詐欺師が人をダマしてもうけたお金も
(申告するかどうかは別として)所得税がかかります。

ここまでは耳にしたことがある話だったので
フムフムと聞いていたのですが、その先です。

もしこの詐欺師が逮捕されて、だましとったお金を
被害者に返したらどうなるか?

過去の所得は「過大」だったことになるため、
更正の請求をすると税金が還付されるのだそうです。

全体を通してみると、単純に

犯罪による所得も普通の取引と同じように扱う

というシナリオで、合理的ではあるのですが
還付までしてあげる、というところには
心情的に違和感を感じました。

まぁ実際にはほとんど無申告でしょうから
還付されることもない、とは、思うのですけれど・・・。




posted by kusakabe at 21:24| Comment(0) | 所得税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。