2015年07月13日

半期決算をしました

うちの事務所は税理士法人ではないので
個人事業者として、12月末で決算を締めて
翌年確定申告をします。

開業して3ヵ月たったことと、ちょうど今年も半年終わったので
半期決算を組んでみました。

会計ソフトに入力をして、レシート類の整理をしたのですが
会計ソフトへの入力後
レシート類は、ノートにペタペタと月毎に貼り付け
電話代やクレジットカード明細などの大判の紙は
穴をあけて簡単にファイリング、という流れで作業して
半日程度かかりました。

自分で作業していて思ったのですが
やはり、経理作業にはある程度まとまった時間をとる必要があります。

最近の税理士事務所経営の「トレンド」は
記帳(=会計ソフトへの入力)は、お客さま自身にやっていただき
税務アドバイスや経営指導を税理士が行なう、というもののようです。
しかし、小規模事業者で本業が忙しく、かつ、まだ経理スタッフを
採用するほど余裕もない場合は、記帳を税理士に依頼したい、という
ニーズも根強くあるだろうな・・・と感じました。
なにせ自分自身が、本業に追われて自分の事務所の経理作業の時間を
なかなか作ることができなかったものですから(苦笑)




posted by kusakabe at 22:54| Comment(0) | 経理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。