2015年11月09日

年末調整とマイナンバー

そろそろお客さまに年末調整のご案内をする時期に
入ってきました。

今年は特に大きな改正は入っていないのですが
今回お配りする扶養控除等申告書にはとうとう

マイナンバー記載欄

が、入ってきました。

平成27年内の扶養控除等申告書回収分に関しては
【マイナンバーは記載してもらっても差し支えない】扱いなので
管理体制が整っていない場合は、まだ従業員の方に書いてもらわなくても
大丈夫です。

そもそも、従業員交付用の源泉徴収票にはマイナンバーを
印字しないことと規定されています。
また、年明け1月に作成する支払調書にはまだマイナンバーを書く必要は
ありません。再来年作成分からです。
ということで、今回の年末調整でマイナンバーが必要になることは
まだないはずです。

従業員の方のマイナンバーを使う場面として、直近で一番想定されるのが
入退社手続きですが、それも、来年(平成28年)1月以降の手続きに関して
なので、従業員の大量退職が予定されている、などのレアケースでない限りは
そんなに慌てる必要もないと思います。

・・・・・・

以上は、会社さまの取り扱いですが
従業員の方が扶養控除等申告書を書くときマイナンバーを書くべきか否か迷ったら
会社から
あなたとご家族のマイナンバーはこれこれこういう目的のために使います
という案内があったら、書く。案内がなければ、書かない。
という対応で良いかと思います。
(法律上、勤務先といえど利用目的の通知がなければ
マイナンバーは収集できないことになっています。)


当事務所のHPへはこちらからどうぞ→日下部税理士事務所






posted by kusakabe at 20:03| Comment(0) | 所得税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。