2015年10月20日

家賃設定額と未回収率

相続のカテゴリか所得税のカテゴリか
ちょっと迷ったのですが
今回は賃貸アパートの経営のお話です。

古いアパートをお持ちの場合
悩ましいのは家賃設定です。
新築の場合は高い賃料で貸せますが
古くなってくると、どうしても以前のような高い賃料では
借り手がつかないので

空室のまま高賃料で募集を続けるか
思い切ってグッと値段を下げるか

の選択を迫られるケースを良く見かけます。

空室のままでいるよりは・・・と
賃料を下げて募集した結果
満室になってほっとするのはつかの間。
賃料を下げた部屋に限って
家賃が期日通りに振り込まれないこと(=入金遅延)がとても多く
特にアパート建設時の借金が残っている場合などは
資金繰りに悩むことがとても多いです。

相続対策にアパート経営を、とお考えの時には
上記のような事例もあるということを
ちょっと頭の隅にでも置いていただいただけると
また別の角度から検討することができるかもしれません。


当事務所のHPへはこちらからどうぞ→日下部税理士事務所






posted by kusakabe at 18:18| Comment(0) | 相続税・贈与税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月09日

相続案件が続きます

相続案件が続いています。

先日も、土地の現況調査のために
メジャーを持ってお客さまのところに行ってきました。
蚊と闘いながら、しっかり測ってきましたよ手(チョキ)
スーツでは動きづらいので
ラフな格好で失礼させていただきました。

別の相続案件では
被相続人の方がお持ちでいらっしゃった
有価証券の処理について
ちょっと悩ましいところがあったため
先輩税理士の先生
(↑文字通り、私にとっての「先生」です!)に
アドバイスをいただきました。
ありがとうございました。

相続税の基礎控除が減ったことに加えて
ここ数年に比べて株価も地価も上昇しているので
そこそこまとまった税額になってしまいそうです。
申告・納税期限はまだまだ先なのですが
早めに納税額をお知らせできるように
前倒しで処理を頑張っています♪


当事務所のHPへはこちらからどうぞ→日下部税理士事務所


posted by kusakabe at 18:45| Comment(0) | 相続税・贈与税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月09日

漢字の読み方

昨日記事にアップした「遺言控除」ですが
今朝のテレビニュースでも盛んに取り上げられていました。
テレビを見ていてあれっ?っと思ったのが
アナウンサーが「いごん控除」 と読んだことです。

・・・昨日の段階では「いごん控除」と読むのだと
思っていました、私(^_^;)

もちろん、日常生活の中で使う(あまり使わない言葉ではありますが・・)
「遺言」は、私も「ゆいごん」と読んでいますが
こと仕事にからむ「遺言」については、無意識のうちに
「いごん」と読むクセがついていました。

法律用語としては「いごん」が正しい!と思っていたのですが
ちょっと気になって調べてみたところ、実は裁判官や学者の方々の間でも
「いごん」派と「ゆいごん」派に分かれているようです。

他にも、仕事のときには
「遺言」=いごん だけではなく
「兄弟姉妹」も、「けいていしまい」と読んだり、口に出したりしていますが
これもお客さまにとっては、あまり聞きなれた音ではないかもしれませんね。

そういえば、昔
フィットネスクラブでインストラクターをやっている妹に
「お姉ちゃん!【カーツ】トレーニングって、良いよ!」
と言われて、「カーツ」=「加圧」だとわかるまでに
ずいぶん時間がかかったなぁ、ということを、思い出しました。
(↑マーシャルアーツ、などの一種で【カーツ】っていう種目があるのか!と
数週間、本気で思っていましたヨ)


posted by kusakabe at 19:00| Comment(0) | 相続税・贈与税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。