2015年10月30日

マイナンバーは顧客管理には使えない

日本シリーズはソフトバンクの圧勝で、なんだか盛り上がりに欠けましたね・・・。

さて、
法人さまには法人番号(法人版マイナンバー)が郵送で届きはじめました。
そろそろ個人宛にも、マイナンバー通知カードが届きはじめてもよいころです。

マイナンバーを「集める」立場にある法人さま、個人事業主さまに
ちょっと気をつけていただきたいのが
法人番号(法人版マイナンバー)の取得や転用は自由なのですが
個人のマイナンバーは、限られた目的(税と社会保障)にしか
使用することができない、ということです。

社員番号の代わりにマイナンバーを使って
従業員の管理をすることもできませんし、

顧客管理のために

☆病院で患者さまのカルテや診察券の番号にマイナンバーを使ったり
☆美容院で顧客管理のために受付カードにマイナンバーを書かせたり
☆不動産屋さんが借主の学生の契約書にマイナンバーを書かせたり

することも、一見便利そうなのですが全部禁止です。
(罰則規定がありますよ。要注意です)


・・・・・・・・・・・・・・・

逆に、自分が病院や美容院その他の税や社会保障と関係ないところで
住所・氏名のほかにマイナンバーを書かされそうになったら
おかしいぞ?と疑ってかかったほうが良いかもしれません。

制度が動き出してみないとどんなリスクがあるのか
なかなか浮かび上がってこないものかもしれませんが
既にマイナンバー詐欺も出ている模様。どうぞ皆さま、お気をつけ下さい。
お客さま方におかれましては
マイナンバーの提示を求められるもなんだか怪しいゾ・・・と
ご心配になられましたら
私も一緒に確認しますので、どうぞご遠慮なく、ご連絡くださいね。


当事務所のHPへはこちらからどうぞ→日下部税理士事務所


posted by kusakabe at 20:09| Comment(0) | 総務・人事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月20日

家賃設定額と未回収率

相続のカテゴリか所得税のカテゴリか
ちょっと迷ったのですが
今回は賃貸アパートの経営のお話です。

古いアパートをお持ちの場合
悩ましいのは家賃設定です。
新築の場合は高い賃料で貸せますが
古くなってくると、どうしても以前のような高い賃料では
借り手がつかないので

空室のまま高賃料で募集を続けるか
思い切ってグッと値段を下げるか

の選択を迫られるケースを良く見かけます。

空室のままでいるよりは・・・と
賃料を下げて募集した結果
満室になってほっとするのはつかの間。
賃料を下げた部屋に限って
家賃が期日通りに振り込まれないこと(=入金遅延)がとても多く
特にアパート建設時の借金が残っている場合などは
資金繰りに悩むことがとても多いです。

相続対策にアパート経営を、とお考えの時には
上記のような事例もあるということを
ちょっと頭の隅にでも置いていただいただけると
また別の角度から検討することができるかもしれません。


当事務所のHPへはこちらからどうぞ→日下部税理士事務所




posted by kusakabe at 18:18| Comment(0) | 相続税・贈与税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月15日

平均支給額が減っていた・・・

以前ブログにエントリーした


が使えそうなお客さま発見!
昨日、税額控除をすべく数時間かけて集計しました。
・・・・・・・が、結局適用不可


売上・利益ともグイグイ上がっているし
そもそも社長のお考えが
「人材は大切。利益は従業員に還元したい」という方で
人件費総額も上昇基調のため
絶対に適用アリだと思っていたのですが


今回適用できなかったのは

 ・お給料の高い人が退職し
   代わりに採用した人たちが若くお給料が低めだった
 ・利益に余裕があるので採用人数を多めにした結果
  昨年に比べて一人当たりの残業代が減った

結果、
一人当たりの平均給与が前期に比べ下がってしまった
ということによるものです。

所得拡大促進税制は
ただ全社的な人件費が増えただけではなく
一人当たりの平均支給額がどれだけ増えているか
検証しなければならないので
試算表をぱっと見た感じでは適用できそうでも
一人当たりの人件費をよ〜く計算してみると適用不可だった
というケースがあり、今回はそれにズバリはまってしまった
感じでした。

この規定が使えなかったのは残念ですが、
他の節税策を、これから考えます!


当事務所のHPへはこちらからどうぞ→日下部税理士事務所


posted by kusakabe at 18:00| Comment(0) | 法人税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする